とび・土工事とは?

ひとくちに「とび・土工事業」と申しましても、この言葉が差す範囲は広く、他の工事との境界の難しいものもございます。
このページでは須藤工業の請負う範囲の「とび・土工事業」に基づいて解説させていただいております。

1.足場の組立解体作業

建物の外回りや内部に足場を組み立てます。
足場とは、現場で作業する際に造る仮設の作業床や通路のことを差します。

この「足場の組立解体作業」を主に担うのが鳶工さんになります。

2.鉄骨建て方作業

鉄骨造の建物に必要なフレームを組み立てます。
この作業は「下まわり(地走り)」と「取付け」という2グループに分かれて進めていきます。

「下まわり(地走り)」の主な仕事は地上で鉄骨を吊るための段取りとなり、
「取付け」の主な仕事は吊ってきた鉄骨を高所に収めることになります。

建築現場において最も危険で難しい仕事であるため、
経験がモノを言うとてもやりがいのある仕事になります。

3.タワークレーンの組立解体作業

鉄骨を建てたり、資材を揚重(ようじゅう。必要な場所に引き上げること)するタワークレーンを組立解体する作業です。クライミングクレーンとも呼ばれます。

機体は非常にデリケートで、組立解体の順序は細かく決められており、専門の「タワークレーン技術指導員」という方々の指導を仰ぎながら主に鳶工さんが進める仕事になります。

このような大型重機をどのようにして高層ビルの一番上に引き上げるのか?といったギモンをお持ちの方もいらっしゃると思います。

手順としては、クレーンのマスト(支柱部分です)を徐々に継ぎ足していき、クレーン本体も徐々にあげていきます。それに伴い、継ぎ足した一番下のマストを撤去していきます。この方式は「マストクライミング」と呼ばれ、他にも「フロアクライミング」など様々な方法であげていきます。

4.工事エレベータの組立解体

建築現場において資材及び人員運搬用のエレベーターを組立解体する作業です。

似たものに工事リフトがありますが、エレベーターとリフトの違いは「人が乗れるか否か」にあります。人が乗れるのがエレベーター。乗れないのがリフトです。

5.安全施設の設置作業

様々な職種の方が安全に作業できるよう安全施設を設置する作業です。主な安全施設として「手摺(てすり)」「ネット」などが挙げられます。

建築現場における事故の約4割を占めるのが「墜落・転落」です。これを未然に防ぐための手摺、墜落・転落が起こってしまった時に衝撃をやわらげるネット。

他にも様々な安全に対する施設を設置する大変重要な作業です。

6.掃除

快適で安全な現場のためなら掃除だってやっちゃいます!現場に散乱した資材やゴミはもちろん、トイレ掃除もやります。

須藤工業の仕事は縁の下の力持ち。現場の母。
見た目もキレイに。皆が安心して仕事ができる場所もつくりあげます。

※画像はイメージです。

Copyright (C) 2016 Sudo kogyo Co., ltd. All Rights Reserved.