ごあいさつ

代表取締役 須藤 日出洋

当社はとび・土工事の専門工事を東京で始めて50年以上になります。

創業時とは異なり、現在の建設現場では無災害、法令順守、コスト削減等々
幅広く求められるようになりました。

しかし、様々な法規の変化やIT化、機械化が進んだとしても、
建物は人が作る事に変わりありません。

世の中が大きく変わっても、当社は人と人との和を一番に考え、
志のある仕事を第一に誠実な経営を目指します。

須藤 日出洋 『5つの誓い』

1. 私達自身が楽しく仕事をします。

良い仕事は楽しまなければ出来ないと私は考えています。現場の方々にとって心地よい足場や施設を作り、良いコミュニケーションをとって現場全体が一体感を感じられるような仕事をします。

2. 安全第一で仕事をします。

当社の仕事は鉄骨を建てたり、足場を組み立てたりする事です。高所であったり、重量物をクレーンで吊っての作業になるため、転落や身体が挟まれてしまう可能性もあります。しかしながら手順を変えることによって、とても安全に作業が出来るのです。今日も楽しく良い仕事をして気持ちよく家へ帰り、次の日も元気に楽しく仕事が出来る状態を作るために、安全第一で作業します。

3.使う職人さんの事を考えて、使いやすい・安全な施設(足場、通路等)を作ります。

良い足場がなければ、色々な職人さん達は安全に仕事が出来ません。職種によってこれだ!というベストな足場がありますが、工期や費用の関係から一つの足場を皆で使うことになります。だからこそ使う人のことを考えた使いやすくて、安心して仕事ができる足場を組立てます。

4.第三者の安全を考えて作業をします。

私たち含め、現場で作業する皆の安全だけではなく、現場の外の方々のことも考えて仕事をします。外にいる方々が安心できる、素敵な現場になるように仕事を進めます。

5.元請けへの安全、作業効率の提案に全力を尽くします。

私たちは、現場の縁の下の力持ちのような存在です。現場のためとなれば、足場や鉄骨作業だけではなく掃除だってやってしまいますし、不安全な作業をしている人が居れば声をかけたり、間違ったことをしていれば現場監督にだって注意します。そうする事で現場全体が良くなり、良い物が作れると考えています。

Copyright (C) 2016 Sudo kogyo Co., ltd. All Rights Reserved.